秦野市鶴巻南にある落幡神社と曹洞宗善昌寺/秦野市鶴巻北にある浄土宗幡松院西光寺です

2007年秋に再び落幡神社と曹洞宗善昌寺、延命地蔵と大ケヤキなどを訪れました

落幡神社(鶴巻南)
落幡神社
↓曹洞宗善昌寺
曹洞宗善昌寺

↓秦野市鶴巻北にある浄土宗幡松院西光寺です

西光寺 〜幡松院西光寺の由来〜

源頼朝の家来であった和田義盛が
和田氏の乱で討たれ、この地に住んでいた
側室の娘が亡き父義盛を弔う為阿弥陀如来
を祭ったのが始まりと言われています。
近くには和田義盛公別邸跡に建てられた
鶴巻温泉郷「陣屋旅館」があります。

和田義盛(1147〜1213)

幡松院西光寺の場所は
鶴巻温泉駅北口下車
鶴巻温泉病院前を通り
駅から600mほどです

小田急電鉄開業80年、鶴巻温泉駅付近は
昔は中郡大根村大字落幡字鶴巻田と言い
駅前に落幡村記念碑が建っている

2007年秋に再び落幡神社と曹洞宗善昌寺、延命地蔵と大ケヤキなどを訪れました

秦野の里アルバム


inserted by FC2 system